>
容器検査所の登録失効による処理について(お詫び)
消費者のみなさまへ
 
株式会社JAエナジーこうち
代表取締役 川島徹也
         
          容器検査所の登録失効による処理について(お詫び)
 
 
日頃は、ご家庭用燃料としてLPガスをお使いいただき、ありがとうございます。
 この度、弊社の手続きの不行き届きにより、高知県から「厳重注意」を受け、以下の対応
を行うことについて、消費者の皆様にお知らせいたしますとともに、LPガスの安全性に不
安を抱かせる事態となりましたこと心からお詫び申し上げます。

 
弊社は、LPガス供給事業の一環として、平成4年からLPガス容器の再検査を行ってい
ます。このLPガス容器再検査とは、法令でLPガスの安全性を確保するため、容器に充填
期限と呼ばれる保証期間を設け、5年ないし6年に一度検査を行い、漏れなどの無いよう圧
力検査を行い、バルブ等の付属品の交換を行うことを義務付けたものです。
 容器再検査は、県への登録を行い許可された事業者のみが行うことができますが、弊社は、
登録の更新手続きを遅延させてしまい、令和2年1月27日から令和2年4月3日までの
期間が登録失効となりました。この期間に再検査された容器については、法令の基準で検査
されており、品質や安全性について特に問題がないことは検査証で確認しておりますが、法
令順守の観点から、弊社は当該期間中に実施した容器再検査を再度実施することといたし
ます。現在は、容器管理を行っている供給業者の皆様方にご協力いただき、該当容器の回収
をすると同時に再度容器再検査を早急に進めるように取組んでいます。

 
この度は、弊社の不行き届きにより、LPガスの安全性に不安を抱かせる事となり、大変
申し訳ございませんでした。今後このような事の無いよう肝に命じて、法令を順守し事業を
行っていく所存でございますので、何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。